ブログ|桑の葉茶・桑の実関連商品の製造・販売
株式会社桑郷では約45,000本の桑の木を大切に育てています。

桑とは?

2018.09.11

27_DSC_5249

 

桑は、クワ科のクワ属に属し、落葉性の高木で成長が早く、大きいものは15mも大きくなります。

品種や変種が多く、葉っぱを収穫する養蚕用の「ヤマグワ」と、果実の収穫が目的の「西洋桑」に大別されます。

20170509065454e6a  この地図記号をご存知でしょうか?

 

「桑畑」です。

地図記号にもなる程、桑は古くから親しまれ身近な存在としてありました。

養蚕業が盛んだった時代、カイコの餌として古来重要な作物だったのです。

 

 

そしてカイコの餌に留まらず、

もっとも古い生薬の1つであり、捨てるところがない事でも知られています。

1578年に完成した中国の本草学書において、

内容がもっとも充実した薬学著作と言われている「本草網目(ほんぞうこうもく)」に

桑が薬用として掲載されており、

日本では、江戸時代に記された「大和本草』や「本朝食鑑」に

薬用植物として好んで利用した内容が記されているのです。

 

写真 2016-06-04 23 06 02

 

古くから体感的に健康効果がある食品として食され、

カイコの餌として養蚕用に広く栽培されてきた桑ですが、

第二次世界大戦後、安価なナイロンやレーヨンなどの人工繊維の技術が確立し

日本の絹産業が衰退していくと、それとともに日本の風景から

「桑園」の姿も消え、すっかり忘れ去られていきました。

 

近年、そんな桑が再び脚光を浴びています。

きっかけとなったのが、

「神奈川県の機能性食品に関する共同研究事業(平成2年~6年)」の研究報告でした。

桑葉には、有効成分DNJ(1-デオキシノジリマイシン)が含まれており、糖の吸収を阻害して

食後の血糖値上昇を抑制することが明らかとなったのです。

桑の機能性が科学で証明されたのです。

 

 

 

バナー

 

 

 

 

 ▷カフェイン・ゼロ            ▷様々なメリット
 ▷優れたミネラルバランス         ▷スッキリ飲みやすい
 ▷おすすめできる6つの理由        ▷特有成分DNJ
 ▷桑パウダーアレンジ           ▷ハンさんとは

 

 現場の人インタビュー
 ▷塩沢畑リーダー             ▷長田製造リーダー

Page Top