ブログ|桑の葉茶・桑の実関連商品の製造・販売
株式会社桑郷では約45,000本の桑の木を大切に育てています。

新着情報

『桑郷メルマガ』 2017年7月29日 vol.60 ■嬉しい夏のギフト■

2017.07.29

桑郷の楠です。

先ほど、BS-TBSでの放送を受けて、、、

応援のお電話、たくさんいただいてます。

そして、ご注文もたくさんいただいています。

ありがたいなぁ。ありがたいなぁ。

 

今日も早朝からの収穫と桑の葉茶づくりで、桑郷は熱い雰囲気が漂っております。

 

熱々できたての桑の葉茶はこちらから

 

汗が流れるこの季節、製茶工場に入るハンのタオルとTシャツ消費量はすごいです。

 

私、洗濯することが大好きなので、ちょうどいいですね。笑

 

 

 

■桑の葉茶は夏のギフトに最適!

知っておきたい3つの理由をあげてみました♪■

そうそう、、、

桑郷では夏のギフトセットをご用意しています。

 

お世話になったあの方へ、

元気と感謝の詰まった嬉しい贈り物はいかがでしょうか?

 

 

■言葉の意味を添えて■

 

みなさんは「茶寿」という言葉を知っていますか?

 

日本には長寿の方をお祝いする数え年の習慣があります。

有名なのは米寿のお祝いで、88歳のお祝いです。

 

米寿は「米」という文字を分解すると

「八+八+八」になるため、

88歳のお祝いを「米寿」と呼ばれています。

 

茶寿も米寿と考え方は同じです。

「茶」という文字を分解すると、

草冠部分が分解され、「十」が2つになって20に、

残りの部分は「八+十+八」で88に、

合計すると108になるという理屈です。

 

めでたい言葉の一つにも使われている『茶』。

 

この言葉の意味を添えながら桑の葉茶の贈り物ができると、

親しいご高齢の方への心遣いとして喜ばれることでしょう。

 

 

■知っておきたいその理由■

お客様や、企画をしている社内メンバーと会話をしていると、

それぞれがそれぞれに

桑の葉茶を夏のギフトにしている理由があるんだなぁと

感じ入りました。

 

そこで今回は、

「桑の葉茶が夏のギフトに適していると思う理由」

と思う理由を3つあげてみました。

 

夏のギフトに迷われている方へ

ぜひ桑の葉茶を夏のギフトの候補にしてみてはいかがでしょうか?

 

使い勝手が良く、体にも美味しい嬉しい贈り物ですよ♪

 

 

■理由① 健康に嬉しい桑の葉茶■

 

贈り物をする人にはいつまでも健康であってほしいもの。

そんな気持ちを、桑の葉茶に込めて贈ることができます。

 

いつまでも健康で若くキレイで元気にいたい!

そんな気持ちは老若男女、共通の気持ちですね。

 

お茶の代わりに桑の葉茶を飲むだけで、

青汁のメイン素材と知られているケールと比較してみても、

 

 

ビタミンB1 約2倍!

食物繊維 約4倍!

GABA 約4倍!

ビタミンE 約4倍!

 

と、体にはとっても嬉しいお茶です。わぉ!

 

 

ミネラルが牛乳の23倍も含まれているので、

ミネラル不足が心配される夏の時期には、

特にオススメしたいお茶でもあります。

 

夏ギフトにはぴったりですね♪

 

桑の葉茶を贈ることは、

その方に健康でい続けてほしいという想いを乗せるには

最高な素材です!

 

 

■②賞味期限が長いし保管がしやすい■

 

こちらの意見は女性からよく聞かれました。

 

保存も簡単で賞味期限が長いものは、

受けとり手のことを考えると、

非常にありがたいもの。

 

特にたくさんの夏ギフトを受け取る方であればあるほど、

そういった配慮はありがたいものでしょう。

 

■③桑の葉茶はお菓子と相性がいい!■

 

夏のギフトには、お菓子やスイーツを贈る方も多いでしょう。

お菓子を食べる時の名脇役!

あるととっても体に嬉しいものが桑の葉茶です。

 

甘いものを食べる時に、

体の心配をしながら食べていたら

美味しさも半減してしまいます。

 

そんな時、桑の葉茶があるだけで、

そんな悩みから解放です。

 

桑の葉茶と一緒に甘いものを楽しんで、

心も体も嬉しいひと時を楽しめます。

 

 

以上3つの理由をあげてみました。

いかがでしょうか?

 

なんだかいつもお世話になったあの方へ

美味しい桑の葉茶をお届けしたくなってきたのではないでしょうか?ふふふ

 

そんなあなたは、

ここからぜひご注文下さいませ。

 

また、ご予算と御希望商品に合わせて、

お電話でのご相談も承っております。

 

お気軽にお問い合わせ下さい♪

 

いつも読んでくださって、本当にありがとうございます。

 

楠三貴


Page Top